世界でひとつだけの印 ■ てん刻堂 ■ 作 品 工 房 ご注文 美術館 主人の顔 掲示板 Q & A りんく
Q&A よくいただくご質問をまとめました

■ 印の捺し方にコツは ありますか?
当「てん刻堂」で販売している印泥は、市販のスタンプ台タイプと違い、まさに『泥』のようでもったりしています。慣れないうちは かすれてしまったり、うまく捺せなかったりするかもしれませんが 下記のように 試してみてくださいね。


ポンポンポンポン…
とまんべんなくしっかり
印面(名前などが彫ってある面)にポンポンポンポン…と全面に朱肉が付くようにします。
付け終わったら印面全体がまんべんなく赤くなっているか、また、印泥の糸くず(繊維)やごみが付いていないかチェックします
ノートや新聞紙夕刊くらいの厚さなど(柔らかすぎるとNG)を下敷きにして、目線は真上から、印を捺したい目的地へ紙に押し付けます

このとき左手を添えて真上からぎゅっ!!!と渾身の力を込めます
すぐには紙から離しません。
印影の端の線やカドまで出るように、石を上下左右に揺らす感じで、しっかり紙に押し付けます。このとき印面全体は紙からずれたり離さないように注意

多少かすれてもそれも「味」です。何度も練習してみてコツをつかんでくださいませ
ぺったり捺せました。
冬場は印泥が固くなるので暖房器具の前などで暖め、爪楊枝などで練り直してあげましょう


■ 注文してからどのくらいで届きますか?
 約2〜3週間でお届けします。
 当方の都合でお待たせすることもございますが 遅くとも3週間以内です。
 もしどうしてもお急ぎの場合は、ご注文時にご希望の納期をお知らせください。
 (ご希望に添えない場合もありますがなるべく伺います)
■ ○○のようなイメージの絵を入れて欲しいんですけど・・・。
■ こんな場合、見積もりしてもらえますか?
 ご希望の絵があれば、画像添付してメールください。
 絵などを入れる場合、なるべく【具体的】にリクエストしてください。
 お見積もりも、まずは具体的な絵を伝えていただかないと お答えできません。

 【具体的】といいましても、できないこともあります。
 たとえば、「強そうな犬」や「猫。しかも○○という種類の」など。
 想像していただけると有難いのですが、12mmや15mmなどの
 小さな面積の中に文字と一緒に入れる絵となると
 限られます。できるだけご希望に添えるようにしますが
 動物の表情などまでは表現できないこともあります。
 
■ 「てん刻堂」の印は、銀行印にできますか?
 はい。郵便局や銀行の通帳印にお使いいただけます。
 シャチハタ以外の印なら丸くなくても、読めればなんでもOKだそうです(三井住友銀行談)
■ 手持ちの印をなくしたので、それと同じのを作って欲しい
 できません。
 既存の社印や市販の印をなくされて、スペアが欲しいと時々言われますが
 てん刻堂の印は、絵手紙などにお使いいただく「趣味」の印です。
 既存の印を複製することはできません。 
■ 中国のお土産でもらった石(または手持ちの石)に彫ってもらえますか?
 自然石で四角いものなら可能です。(象牙や丸くつるつるなものは、できません)
 石を保護して包装し、お送りください。(送り先住所はメールにてお知らせします)
■ 「てん刻堂」の印は、陶芸に使えますか?
 申し訳ありませんが陶芸にはおすすめできません。
 私自身陶芸をしていないので、使えるかどうかわかりませんが、
 やはり小さな石を彫るにも限界があり、深さはせいぜい1mmほどしか彫れません。
 彫りを深くすることは、やはり手間が倍ほどかかり、
 とくに10mmや12mm角に、2文字も3文字も入ると困難です。
 ひらがな1文字だけ、などでしたら深くできなくもないですが、
 お届け後に「これじゃ陶芸に使えません」と言われてしまっても困りますので、
 「手紙用だけど、陶芸にも使えればラッキー」ぐらいのお気持ちでご注文いただける と幸いです。その場合は、ご注文の際にその旨お伝えください。
■ 予めデザインを見ることはできますか?
 ご注文時に、具体的なデザインの指示をいただければ、デジタル画像のラフスケッチをメールでお送りします。

 例)2004.1 の「真紀」印のように枠に2箇所お花を入れて 、など

 例)「有紀」をひとつの印で朱文と白文の組み合わせにしたいが、
 どちらの文字を白文にするか迷っているので両方のスケッチを見てみたい。

 など

 いくつか案があればその中から選んでいただきます。

他にご不明な点がありましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ


Copyright(C), tenkoudou ALLRIGHTS RESERVED